2017年3月13日月曜日

「てのひら」vol.48特集は鷹山宇一記念美術館もうすぐ発行!

こんにちは!
相変わらず更新頻度が低くてスミマセン。。。
忘れた頃に更新されるので、気長に見てやってください(^^;)

さてさて先日「てのひら」vol.48の特集ページ取材で
七戸町立鷹山宇一記念美術館へ行ってきました。
私(わいけー)自身、美術には疎くて、絵画を見てもせいぜい
「絵うまいな〜」とか、現代美術を見て「なるほどー(棒読み)」とか
そんな感じなんですよね。。。

しかーし、今回は違うのですよ。
館長さん、学芸員さんが、鷹山宇一さんとはどんな人だったのかとか
絵を描いた時の裏話とか、とても丁寧に教えて頂いて
その話を聞いた後に絵画を見ると「これがさっき言ってた部分かぁ」と
何ていうか、ちゃんと自分の中に入ってくるんですよ。

また絵画だけではなく、洋ランプのコレクターでもあった鷹山宇一さんの
コレクションの一部が展示してあって、ここだけでも家1軒建つとか建たないとか…
(下世話なこと聞いたのが間違い)
とにかくじっくり作品を見ましたね。

学芸員さんが忙しくなければ、追加料金無しで解説していただけるそうです。
「美術とかちょっとわかんねーし」と思ってる人ほど行って欲しい!
美術館に行くのが楽しくなるかもよ。

今回取材した特集記事は「てのひら」vol.48(3月末発行)に掲載します。
こちらもぜひ見てください!

web:鷹山宇一記念美術館