2016年6月24日金曜日

りんごについてもっと知ろうぜ青森ケンミン

青森県のイメージといったら、まず最初に出てくるのは99.9%松潤も納得の「りんご」でしょう。
りんごを見ただけでだいたいのメジャー品種ならすぐわかる青森県民。
ライブの告知CMでアーティストが「今度青森に行きまーす!青森といえば…りんご!」

でしょうね。

とちょっとイラッとする青森県民。
でも近所のコンビニで売ってるりんごジュースに大きく「長野産」と書かれてあると

(゚Д゚)ハァ??

て思ってしまう郷土愛に溢れた青森県民。
そんな青森県民も、ケンミンじゃない人でも是非行って欲しいのがこちら。
弘前市りんご公園の敷地内にある
白い三角屋根が目印。黒いゲートを通って中に入ります。
おっと、ここで商品のPRをしようとかそんなんじゃないですよ。
何がオススメかって、ここのスタッフさんのお話がオススメ!
家のりんご畑を継いだという若いイケメンスタッフさんが「まだまだ自分勉強中なんですけど」と前置きしながらも、収穫までの数々ある作業や、こういう場所に付いてる実が美味しいとか、ちょっと神秘的なお話まで。とても丁寧に教えてくれるんです。
りんごに対する愛がバンバン伝わってくるんです!
私の文章力じゃきっと、どれだけ君を愛しても3分の1も伝わらない(by SIAM SHADE)から実際に会って聞いてみて。マジで。
話を聞き終わったらなんかもう、そのスタッフさんとりんごの木に深々と一礼したくなるレベルだから。
今度から誰かが「親戚からりんご大量に貰って余っちゃって〜」とかぬかそうもんなら

りんごに謝れぇぇ(# ゚Д゚)

てなるくらい見方が変わること間違いなし。
別に予約したわけでもなく、フラッと行って木を眺めていたら近づいてきてお話してくださるんですもの。
「シードルの話2割で、ついついりんごの話8割しちゃうんですよ〜」と笑うスタッフさんの好感触ったらもう…。
我々青森県民はもっとりんごについて知らなきゃダメだ。と思ったわいけーでした ノシ

つかこの記事の中に何回「りんご」って出てきたんだw


収穫用の道具かと思ったらブランコだった

2016年6月16日木曜日

UNI!

突然ですが、海胆はお好きですか?
海胆ですよ、うに、ウニ、UNI!
いままさにシーズン真っ只中ですよ。
6月18・19日は佐井村で「うに祭り」が開かれますねぇ(*^^*)
新鮮なうにが贅沢にのった丼を1000円で食べれちゃう神イベント!
ほら、私って海胆大好きじゃないですか〜w(人´∀`).☆.。.:*・゚
(↑知らんし)
そんな私はもちろん!

お仕事なので行けませんけどね( ゚д゚)

という訳で、一足先に佐井村行ってうに食っちゃったのです。
はい、こちら。
ドーン!


見てください、このオレンジの輝き。
長時間車走らせて食べに来た甲斐があるってもんでしょう。
しかも丼だけじゃないんです。
はい、ドーン。


小鉢や味噌汁も付くんです。
刺し身はもちろん冷凍なんかじゃありませんよ。
これだけのボリュームで2千円しないだなんて…。
うに祭り行けないけど、いいよ、全然いいよ。
もうなんも言えねぇ( ´Д`)

詳しいお店のデータは「佐井村 うに丼」で検索を。
すぐ出てきますから(・∀・)
うに好きはゼヒ行っちゃってください!

以上、うに好きのわいけーがお送りしました〜 ノシ